葛城地区大規模緑地(葛城の森)とは、「つくばエクスプレス」の研究学園駅の北東、駅から徒歩約20分のところに広がる茨城県が所有する平地林です。隣接する私有地(保安林)と合わせると20haもの広さになり、開発が進むつくば市にとっては、豊かな自然が残る貴重な場所です。かつて、ここは里山として人々に利用されてきたところで、現在でも様々な動植物が生息しています。私たちNPOつくば環境フォーラムは、今から10年以上も前から保安林の一部にて森林保全や環境教育の活動を行ってきました。現在、一般財団法人つくば都市交通センターと共に、この緑地を里山公園にする取り組みを進めています。

2018年5月15日火曜日

5月15日の植生ボランティア

今日は暑い日でしたが、9人で活動しました。明るくなった松林にクヌギのどんぐりから実生がたくさん出たので、ポットに掘り上げる苗づくりを行いました。前回はコナラ、今回はクヌギのポット苗です。合わせて100以上となりました。森の中で養生します。そのあと、昨年3月に植樹したエリアの苗木まわりの草刈りをしました。

松林の中にクヌギのポット苗を養生する場所をつくりました。


まるいドングリから芽生えた実生を掘り上げました。


実生のポット苗を乾燥しないように地面に埋め込んでいます。


苗木に巻き付くツル植物をとり、まわりの草を刈ります。セイタカアワダチソウは根っこから抜きました。
この後、フォレスターの皆さんが機械で草刈りします。苗を刈らずに草だけ刈ってもらうための作業です。
ここが早く森になるといいですね。それには樹木のない場所にまだまだ苗を植えなくてはなりません。
ポット苗がそのうち活躍することでしょう。

0 件のコメント: