葛城地区大規模緑地(葛城の森)とは、「つくばエクスプレス」の研究学園駅の北東、駅から徒歩約20分のところに広がる茨城県が所有する平地林です。隣接する私有地(保安林)と合わせると20haもの広さになり、開発が進むつくば市にとっては、豊かな自然が残る貴重な場所です。かつて、ここは里山として人々に利用されてきたところで、現在でも様々な動植物が生息しています。私たちNPOつくば環境フォーラムは、今から10年以上も前から保安林の一部にて森林保全や環境教育の活動を行ってきました。現在、一般財団法人つくば都市交通センターと共に、この緑地を里山公園にする取り組みを進めています。

2019年3月20日水曜日

3月19日 植生ボランティア

 今回は、松林で樹木の調査をおこないました。平成27年に間伐など再生整備をして、記録した樹木の追跡調査です。10m×10mの枠ごとに樹木の位置と太さを測ります。明るい環境としたことで、アカマツがよく成長していることがわかりました。

縦、横に巻き尺を貼り、区画ごとの樹木の調査をしました。

今回は後から植えた苗木の位置と成長具合も記録

あらたに半永久的に使えるアルミタグを120㎝高に取り付けました。
前回の黄色の番号テープの位置で木が伸びたことがわかります。
ステンレスの釘で木に打ち込むのが、木にも負担のない方法です。

木の位置の確認や、タグの上10cmで周囲長の計測をして太さを調べます。

植生ボランティア活動終了後、湿地エリアを見に行きました。水が全面にありました。
冬場にフォレスターの皆さんが全面の草刈りをして枯草をどかしてくれたので、水がよく見えます。
水生生物や絶滅危惧種タコノアシの生育にとても良い状態になっています。

ヤナギが芽吹き花が咲いていました

昨年ボランティアの皆さんと深く掘りこんだ場所にはアカガエルの卵がたくさん!

オタマジャクシがゼリー状の卵の中で育っています。卵の塊が6個くらい、1万個以上の卵があるようです。

2019年3月5日火曜日

3月5日 植生ボランティア

 春らしい陽気の中、今回は昨年植樹した場所の苗木の手当をしました。植えた時の倍以上に育った木もあり、うれしく思いました。枯れてしまった場所に、植生ボランティアのメンバーで育てたドングリ苗を昨秋補植しましたが、冬の間にノウサギに芽をかじられてしまいました! 作業のあと、松林に移動して次回に実施する調査の説明と松林再生の取り組みについて学習しました。また、国蝶オオムラサキの植樹であるエノキを奥のエリアに植えました。

育った苗をシュロ縄で支柱に固定しました。風に吹かれて傷んだり折れたりしないようにです。

コナラの苗が大きく育っていました。

ドングリ苗を植えた場所にあったのはノウサギのフン! 春になってから植えた方がよいようです。

2年前(平成29年3月)に植えたヤマザクラ。とっても大きくなりました。

松林再生エリアの土地利用変遷を学習。畑の時代もあたったんですね。

木の枝に見つけたものは…

タマキクラゲ(珠木耳)です。コナラなどの枯れ枝に発生します。茹でて食用になりますが無味無臭です。


これもキクラゲの仲間のキノコ。いろんな形が楽しい。雨上がりのせいか、キクラゲをたくさん見ました。

2019年3月2日土曜日

3月2日(土)マイツリー植樹イベント
 春らしい気持ちよい気候の中、100人を超える皆さんにご参加いただき、葛城大規模緑地に里山の木を植えるイベントを開催しました。第一部は、ヤマザクラを中心にコブシやエゴノキなど花を楽しめる高木、ムラサキシキブ、カマツカ、ガマズミなど野鳥の好きな実がなる低木などを耕作放棄地の遊歩道沿いに植えました。休憩、記念撮影の後、第二部は湿地を涵養する森をつくるべく、クヌギとエノキを初年度(平成27年度)植林したエリアに補植しました。植えた木の成長が楽しみです。

歩行者専用道路に面する場所にヤマザクラや低木類を植えました

親子で協力して穴掘り!

落ち葉を積んでつくった堆肥を土に混ぜます

苗木をていねいに植えてから、よく踏んで空気を抜きます

大人も子どもも、いっしょうけんめい植えてくれました

植えた苗に支柱をたてます

プレートをつけて完成 成長を見守ってください!

記念撮影

第二部は湿地のあるエリアへ移動してクヌギとエノキを植えました


2019年2月18日月曜日

植樹活動~マイツリー大作戦~のお知らせ



今年もマイツリー大作戦の季節になりました!

葛城里山クラブでは、市民協働で里山の森を育てることを目指しています。
自分で植えて成長を見守ることで、多くの皆さんに里山の自然をより身近に感じて、
この森に愛着を持っていただきたいと思い、「マイツリー大作戦」と名付けた植樹会
を毎年実施しています。今年で4回目となり、これまでに植えた木は1000本を超えま
した!

今年は雑木林の主な構成種のうち、花や実を楽しめる樹種を中心に散策路沿いにマイ
ツリーとして植える予定です。
マイツリーには名札をつけ、そこにご自分の名前や簡単なメッセージを書くことができます。
植樹後は定期的に開催されるお手入れ会でマイツリーの成長を見守ってください!

協力金として1口500円、1組1口以上のご協力をお願いしています。
1口につき1枚の名札をお渡しします。
集まった協力金は苗木代に充当させていただきます。
事前申込みが必要なイベントです。ただ今、参加者募集中! 
組数限定、先着順ですので、ご希望の方はお申し込みをお急ぎください!

豊かな里山の森を目指して、皆さんぜひご参加ください!

以下詳細です。
〇日時
2019年3月2日(土) ※雨天時は3月3日(日)に延期
10:00~12:30(受付け9:30~)

〇植樹場所
葛城地区大規模緑地

〇集合場所
参加申込者にお知らせ

〇協力金
1口500円(1口~)

〇服装・持ち物
動きやすい服、長靴や運動靴、軍手、飲み物、帽子、タオル
※スコップをご持参いただけると助かります。

〇お申込(先着50組、定員になり次第終了します)
メールにて、以下の事項をお知らせください。
1.参加される方全員のお名前
2.申込み口数(1口以上)

〇お申込・問い合わせ先
葛城里山クラブ事務局(一般財団法人つくば都市交通センター内)
メール:machisodate@tutc.or.jp
電話:029-859-1896(平日9:30~17:00)
HP:http://www.tutc.or.jp/research/katsuragi

2019年2月11日月曜日

12月11日 里山散歩と森の話

雪の翌日、葛城の森では雪原と森と青空の美しい景色でした。雪原にたくさんのノウサギの足跡を発見、森をぬけて葛城の集落にある「にれ工房」の会場をお借りして、森に設置した無人カメラがとらえた野生動物のビデオを見たり、里山の学習をしたりしました。森の中は冬景色なのに、集落では春の花が咲き始めていました。

白い雪原、枯草、松林のみどり、青空と美しい景色でした。

雪原で、みんなが見つけたものは…

ノウサギの足跡です。写真の右から左へ、前足、前足、後足(2つそろっている)と歩いています。

にれ工房のミニシアターで動物の映像をみました。ノウサギ、タヌキ、ハクビシン、イタチ、キツネなど。
たくさんの野生動物が暮らしていることがわかります(キツネは通過個体かも)。

集落の中ではロウバイが咲いていました。よい香りです。

子どもたちが目ざとく見つけたのは、きのこのホコリタケ。叩くと胞子が飛びます。

森の中、雪の上を歩くのは、楽しいです。サクサク音がしますね。



2019年2月5日火曜日

2月5日 植生ボランティア

今日は、雑木林でオオムラサキの越冬幼虫調査をしました。オオムラサキは日本の国蝶で、里山を代表する生きものの一つですが、里山が人に利用されなくなってから全国的に激減しており、絶滅危惧種となっています。オオムラサキは良好な里山環境の指標となることから、毎年、越冬幼虫の状況を調査しています。

オオムラサキの食樹であるエノキの根元で越冬幼虫を探します。

オオムラサキの幼虫は、背中に4対の突起があります。
秋に枯れ葉色に変化して木を降り、根元の落ち葉の下に隠れています。

幼虫は温度変化の少ない北側にいることが多いので、丹念に探します。
見つけた幼虫は、種類と数を記録して、いた場所に戻します。

これは、ゴマダラチョウの幼虫。よく似ていますが、背中の突起が3対です。

みんなで29本の木を調べ、オオムラサキ28匹、ゴマダラチョウ10匹を見つけました。
今年は、少なめに感じますが、まずますの数がいてくれて、安心しました。

他にも、いろいろな昆虫をみつけました。
これは、成虫越冬するクビキリギスです。

まるで落ち葉のような蛾がいました。調べたところ、アカエグリバ(ヤガ科)という蛾のようです。

フクロウの羽がたくさん落ちていました。成鳥の羽のようです。何かの餌食になったのかもしれません。
残念ですが、自然の営みですから、仕方ないですね。






2019年2月1日金曜日

みんなで木を植よう!~マイツリー大作戦のご案内


葛城里山クラブでは、市民協働で里山の森を育てることを目指しています。
自分で植えて成長を見守ることで、多くの皆さんに里山の自然をより身近に感じて、
この森に愛着を持っていただきたいと思い、「マイツリー大作戦」と名付けた植樹会
を毎年実施しています。今年で4回目となり、これまでに植えた木は1000本を超えま
した!

今年は雑木林の主な構成種のうち、花や実を楽しめる樹種を中心に散策路沿いにマイ
ツリーとして植える予定です。
マイツリーには名札をつけ、そこにご自分の名前や簡単なメッセージを書くことが出
来ます。
植樹後は定期的に開催されるお手入れ会でマイツリーの成長を見守ってください!

協力金として1口500円、1組1口以上のご協力をお願いしています。1口につき1枚の名
札をお渡しします。集まった協力金は苗木代に充当させていただきます。
事前申込みが必要なイベントです。
申込みは1月30日(水)10:00~。先着順で組数限定ですのでお早めにお申し込みくだ
さい!

豊かな里山の森を目指して、皆さんぜひご参加ください!

以下は詳細です。
〇日時
2019年3月2日(土) ※雨天時は3月3日(日)に延期
10:00~12:30(受付け9:30~)

〇植樹場所
葛城地区大規模緑地(整備中のため、普段は立ち入り禁止となっています)

〇集合場所
参加申込者にお知らせ

〇協力金
1口500円(1口~)

〇服装・持ち物
動きやすい服、長靴や運動靴、軍手、飲み物、帽子、タオル

〇お申込(先着50組、締切2/21)
メールにて、件名に「里山イベント植樹申込」と記載の上、
以下の事項をお知らせください。
1.参加される方全員のお名前、よみがな、生年月日(保険加入のため)
2.協力金の申込み口数(1口以上)

Webフォーム
https://www.tutc.or.jp/form/event.php
からも、お申し込みいただけます。

申込み・問い合わせ先
****************
葛城里山クラブ事務局
(一般財団法人つくば都市交通センター内)
メール:machisodate@tutc.or.jp
電話:029-859-1896(平日9:30~17:00)

2019年1月29日火曜日

2月の里山散歩ご案内



2月10日(日) 9:50集合~12:30まで
 里山散歩と森の話(事前申し込み必要)

今月の里山散歩は、3/2(土)に予定しているマイツリー大作戦(植樹活動)のプレイベントとして開催します。冬の森を観察しながら散策し、葛城集落にある「にれ工房」さんへ移動、会場をお借りして、室内で樹木や里山のことを学びます。今年度、新たに森で撮影された生き物の映像の上映もありますので、お楽しみに! その後、大規模緑地内の植樹予定場所を見学に行きます。冬の散策も気持ちいいですよ。
会場と駐車場の都合がありますので、事前にお申込みください。キャンセル可能ですので、はっきり予定の決まらない方も、まずはお申し込みください。植樹に参加しない方でも、ご参加可能です。ぜひどうぞ!

※少雨決行、荒天中止

〇服装・持ち物
動きやすい服装、運動靴、必要に応じて飲み物、防寒着、帽子

〇集合場所
葛城地区大規模緑地 広場B(学園の森3丁目)
スーパーセンタートライアルの東側(トライアルに向かって左側)に
新しく整備された駐車場所です。いつもと違いますので間違えないようお願いします。
分からない方はご連絡ください。

〇参加費
無料

〇申込み
事務局へメールか電話で受付けます。
※会場と駐車場の都合上、事前申し込みをお願いします。

〇当日連絡先
当日欠席のご連絡・お問い合わせは以下の携帯電話へお願い致します。
TEL:080-3913-1298(つくば環境フォーラム携帯、当日のみ)

〇申し込み先
葛城里山クラブ事務局
(一般財団法人つくば都市交通センター内)
メール:machisodate@tutc.or.jp
電話:029-859-1896(平日9時~5時半)

2019年1月15日火曜日

1月15日 茅刈り2日目

今日は、13日の続きの茅刈りを、葛城フォレスターと植生ボランティアで行いました。

はじめに、葛城フォレスターの皆さんが茅刈り手順の確認です。


刈り払い機も出動し、どんどん刈っていきます。

植生ボランティアのメンバーも到着。
筑波大の中村さんから説明を受けました。

植生ボランティアメンバーは機械が入りにくい場所を手刈りし、束ねました。

植生ボランティアと筑波大メンバー

後半は合流して機械が刈った茅を皆でそろえて束ねました。

軽トラへ積み込みました。

参加者全員で記念撮影。茅の束は、13日よりずっと高く積み上げられてます。

すっかり草が刈られました。刈って使うことで里山らしく保全されます。
刈った茅は、筑波大がすすめる「八郷未来プロジェクト」の古民家再生に活用されます。