葛城地区大規模緑地(葛城の森)とは、「つくばエクスプレス」の研究学園駅の北東、駅から徒歩約20分のところに広がる茨城県が所有する平地林です。隣接する私有地(保安林)と合わせると20haもの広さになり、開発が進むつくば市にとっては、豊かな自然が残る貴重な場所です。かつて、ここは里山として人々に利用されてきたところで、現在でも様々な動植物が生息しています。私たちNPOつくば環境フォーラムは、今から10年以上も前から保安林の一部にて森林保全や環境教育の活動を行ってきました。現在、一般財団法人つくば都市交通センターと共に、この緑地を里山公園にする取り組みを進めています。

2021年6月19日土曜日

葛城フォレスター 2021年4月5月の活動報告

 

葛城の森や草原、湿地を管理しているのが葛城フォレスターです。葛城大規模緑地を里山として整備していくため、どのような管理が必要なのか、メンバーで意見を出し合いながら活動を行っています。草が伸びる時期は、植樹の育生、草木の繁茂の抑制が、主な活動となっています。今年これまでに行った活動の様子を、一部ですがご紹介します。

歩道沿いの刈払い

バロネスによる除草

ゴミ拾い
作業前にゴミ拾いを安全確認と合わせて行っています。


切り株の目印付け
切り株に目印を付けることで、刈払い機作業時のキックバックやバロネス作業時のトラブルを起こさないように作業者が注意できるようにします。


湿地のウキヤガラの刈払い
湿地一面を覆っていたウキヤガラを刈り払って、トンボから水面が見えるようにしました。


2021年6月18日金曜日

6月15日 植生ボランティア

 今回は、はじめに葛城フォレスターの皆さんとGエリアの植栽地を見てまわり意見交換をしました。この植栽地は、大規模緑地の初期整備でモウソウチク林を伐採・伐根して、つくば地域の里山のクヌギ-コナラ林をモデルとして、平成26年春に3~4mの成木を植栽するという工事がなされたエリアです。植栽から7年が経過して、すっかり林になりました。すでに木同士が干渉し始めており、林内も暗くなってきています。里山の林は、かつては伐って利用し萌芽更新させることで明るい落葉樹の林を維持してきました。木を利用することが里山の保全には大事ではないかという意見が多く出されました。


コナラ、クヌギ、ヤマザクラ、アカマツ、エノキ、エゴノキなどが植栽され林になりました。
明るい林内には里山の野草も生育しています。
すでに枯れたり弱ったりしている木もあります。

常緑樹のシラカシが育って林内が暗くなっています。
どのような林をめざすのかを決めた方がよいという意見も出されました。

後半は、植生ボランティアのメンバーで前回設置したカシナガトラップのチェックをしました。ナラ枯れを引き起こすカシノナガキクイムシ(通称カシナガ)が葛城の森に来ていないかを調査するために20箇所にトラップを仕掛けています。

カシナガは弱っているコナラの木をマスアタック(多数の個体が集中する)性質があります。
弱っているコナラの木を中心にトラップを設置しました。

トラップの昆虫を回収してカシナガがいないか確認します。

林内ではヒメコウゾの実が赤くなっていました。

ニワトコは初夏に赤い実がなりますが、めずらしい黄色の実(キミノニワトコ)がありました。

カシナガトラップに入っていた昆虫など。
カシノナガキクイムシはいなかったので、ひと安心です。引き続き調査は継続します。


2021年6月15日火曜日

6月13日 里山散歩

6月の里山散歩は、朝ボラを行った後、自由散策と湿地の整備の選択制で活動しました。朝ボラは8時から集まったメンバーで植樹した木の手入れ活動を行い、巻き付いたつる植物やまわりの草刈りをしました。里山散歩では、樹木の観察コースをつくり、解説板を掲示して里山の木々を観察していただきました。参加者は木陰の歩道で樹木の観察をしたり、湿地へ行って湿地整備の穴掘りやアメリカザリガニ採りに多くの子どもたちが参加しました。湿地を埋め尽くすウキヤガラの刈り取りや持出しも行うことができました。

植樹した木のまわりの草や巻きつくツルを刈り取りました。

家族ごとに受付をすませて出発です。

樹木の解説板を見ながら散策。

取り付けた解説板

ムラサキシキブの花が盛りでした。いいにおいがします。

子どもたちはさっそく湿地で穴掘り。

ナギナタ鎌を使って湿地を埋め尽くすウキヤガラを刈りました。

刈った草を持ち出すと湿地の維持に役立ちます。

トウキョウダルマガエルもいました!


2021年6月8日火曜日

6月の里山散歩のお知らせ

ランデブー中のヤマトシジミ

6月13日(日) 
緑が色濃くなってきました。
生きものたちが活発に活動する季節が始まっています。   
今月から、里山散歩の前に朝ボラがあります!
朝ボラとは、朝の涼しい時間にマイツリー周辺の草刈りなどを6月から9月まで、
里山散歩の前の約1時間程度活動するものです。短い朝のボランティアでも樹木の
成長にはとても助けになります。ぜひご参加ください!
里山散歩は自由散策と水辺の活動の2つから選べます。申し込みの際に希望の活動
をお知らせください。

〇申し込み期限
6/10(木) 

〇日程
6/13(日) 
 (朝ボラ) 雨天中止
8:00 集合
8:20 作業開始
9:15 作業終了
9:30  解散

(里山散歩) 小雨決行、荒天中止
10:00~10:30  受付
 受付次第散策スタート。12:00まで自由に散策できます。

〇服装・持ち物
(全員)動きやすい服装、運動靴、飲み物、タオル、帽子、マスク、虫よけ、
(朝ボラ・水辺)上記の他に長靴、軍手、汚れてもいい服装

〇集合場所
 葛城地区大規模緑地 北側の広場(学園の森3丁目)
 スーパーセンタートライアルの隣、まんりょう公園の向かいです。
 駐車可。

〇参加費 無料

〇お申込

 ①里山クラブ会員の方
 葛城里山クラブ事務局へ、参加される方全員のお名前と、どの活動に参加するか(朝ボラ、自由散策、水辺活動)をお知らせください。朝ボラだけ、里山散歩だけの参加も可能です。

 ②里山クラブ会員以外の方
  参加には会員登録(無料)が必要です。

葛城里山クラブHP内のweb入会フォーム(https://www.tutc.or.jp/form/event.php)から必要事項を入力の上、「参加申込内容」の欄に"里山散歩 参加希望”とご記入ください。

事務局からの返信を持って登録完了となり、その後里山散歩の申込みについてご連絡します。

 葛城里山クラブは、葛城大規模緑地の官民協働による保全と利活用を目指す茨城県事業の 一環として、つくば環境フォーラム・つくば都市交通センター連合体が企画運営していま す。
 葛城里山クラブにはどなたでも無料で会員登録できます。
 会員には、活動のお知らせなどを定期的にメールでお知らせしています。

2021年6月2日水曜日

6月1日 植生ボランティア

 今回は、葛城フォレスターの皆さんと、植生ボランティアのメンバーが合同で、アカマツ林の現状観察を行いました。アカマツ林は平成27年度の再生事業によって整備され、きれいな純林となりましたが、アカマツの成長に伴い混みあってきています。松枯れ対策として7年間有効の予防剤も注入されていますが、松枯れ被害も心配です。林内を見回り、込み具合の尺度となる幹間の距離や枝の広がり具合、木の形状などを観察し、松枯れの特徴的な枯れ方なども学習しました。後半は、植ボラメンバーでナラ枯れ被害を引き起こすカシノナガキクイムシ(通称カシナガ)が飛来してこないか調査するためのトラップを設置しました。

アカマツは大きいものでは15~16mに成長しています。
細い木が混んでいる場所もあり間伐が必要そうです。

秋に調査して、成長の悪い木や混み合っている場所の木を間引く
間伐計画を立てることになりました。

アカマツ林全体としてはよい状態です。空隙地に植えた抵抗性アカマツの苗(写真手前、マツノザイセンチュウに強い苗)が旺盛に伸びていました。松枯れはマツノザイセンチュウが侵入して夏に古い葉から赤く枯れるので要観察です。

弱っていると思われるコナラの木にカシナガトラップを設置しました。
カシナガは弱っているコナラなどに集中して集まる性質があります。

クリアファイルで簡単に作れるトラップです。
先端部に水と洗剤(界面活性剤)を数滴入れています。
後日、中にカシナガが落ちてないか確認します。

クリが花盛りでした。写真真ん中下側にあるのが雌花(めしべが放射状)です。

ドクダミの花も盛りです。この季節を代表する花ですね。
蚊に刺されたときに、葉をもんで汁を塗ると効果があります。
別名ジュウヤク(十薬)、古くから民間薬としていろいろ使われてきた草です。


2021年5月27日木曜日

5月25日 植生ボランティア

 今回は、茨城県自然博物館の小幡和男先生をお招きして、植物について、いろいろ教えていただきました。葛城の森はすっかり初夏のたたずまい。フェノロジー調査(花や実の記録)をしながら緑地内を回り、気になる絶滅危惧種の現況チェックや保全区の手入れなどを行い、要注意の外来植物の様子なども見て回りました。

ニワトコの実がすっかり赤くなりました。

小幡先生に植物の見分け方を教えていただきました。

絶滅危惧種クチナシグサは種子がたくさんこぼれたようです。

唱歌「夏は来ぬ」に歌われている卯の花(ウツギ)も満開です。

保全区の中と周囲のクズを刈り取りました。

ここで保全しているのは絶滅危惧種のノニガナ(キク科)。ツンツン伸びているのがみんなノニガナです。
2m×2mの中に95本のノニガナがありました。花は終わって綿毛になっています。

アカスジカメムシを見つけました。おしゃれな模様です。

ヤマグワの実も色づいていました。

要注意の外来植物ワルナスビ。鋭いとげがあります。

湿地の水位が落ちていました。水生植物のウキヤガラが全面を覆うと急激に水がなくなるので、前回のフォレスター作業で刈っていただきました。湿地プロジェクトで掘りこんだ水路に水がありますね。


2021年5月18日火曜日

WEB展覧会~春の里山クラブ交流会で~

 5月9日に開催した春の交流会で、参加者のみなさんが撮った写真や描いた絵などの作品を集めたWEB展覧会です! 春の自然のみずみずしさや、緑地で過ごした楽しさが伝わってきますね。


【作  者】仲村健
【タイトル】湿地で生き物探しをする子どもたち
【コメント】森から伐り出してきた丸太を使って手づくりした桟橋ができて、水辺に親しみやすくなったようで良かったです。ところで最近我が家では子どもたちと一緒に絵を描いて楽しんでいます。絵を描くことで少しずつ知覚・感覚も冴えていくような、そんな気がしています。
-------------------------------------------------------------

【作  者】A.N.
【タイトル】しっちのはし
【コメント】いろいろないき物がいて楽しかったです。しっちの絵をぱぱと書いてます。
-------------------------------------------------------------

【作  者】T.N.
【タイトル】しっちのとまりぎ
【コメント】とうきょうだるまがえるをかんさつしました
-------------------------------------------------------------

【作  者】K.T
【タイトル】カエル捕まえた!
【コメント】カエルのお腹プニプニで気持ちよかった(^^)
-------------------------------------------------------------

【作  者】すいかソムリエ
【タイトル】オオアオイトトンボのヤゴを捕まえたよ
【コメント】4月に湿地の先生に教えてもらって、ザリガニを捕まえた。湿地の源流付近、足元が悪くなっていることも気にせず、スタスタと再訪。また、先生に教えてもらって、今回はオオアオイトトンボのヤゴとザリガニを6匹ずつ捕まえました。
-------------------------------------------------------------

【作  者】kawasaki
【タイトル】人面カメムシ
【コメント】おじさんのような顔です。ナガメという名のカメムシ
-------------------------------------------------------------

【作  者】ひらっぴー
【タイトル】ルリニワゼキショウ(アイイロニワゼキショウ,ヒレニワゼキショウ)
【コメント】小さな花です。外来種ですが、どぎつくない色合いが素敵です。
-------------------------------------------------------------

【作  者】はる
【タイトル】珍しい虫を捕まえた!
【コメント】ウスバキツノトンボという名前の虫です。

   -------------------------------------------------------------

作品はまだまだ募集しています。
ぜひご参加ください。

交流会当日の様子はこちらからどうぞ!

2021年5月11日火曜日

5月11日 植生ボランティア

  今回は、緑地を広く回り、植物のフェノロジー調査(花や実の記録)や希少植物の分布調査、保護のための印付けなどを行いました。葛城大規模緑地には、雑木林、松林、草原、湿地と様々な環境があるので、多様な植物が生育しています。そして、その植物を食べる虫や、すみかとするする動物もたくさん暮らしています。春から初夏の花の多い季節は、生きものにとっても、成長や繁殖の季節です。

ウツギ(卯の花)が咲き出しました

調査をしながら緑地内を回りました。
保全したい植物への印付けも。

森の中でオオジシバリの花が満開です。

ヘビイチゴの実が赤くなりました。

絶滅危惧種のクチナシグサが今年はたくさん見られます。
実の形がクチナシの実に似ていることが名の由来です。

草原のススキがぐんぐん伸びてきました。今年もいい茅になりそうですね。

保全区の草をかっています。イヌゴマの花が秋に咲く場所です。

フデリンドウの実が開いて種子がこぼれています。
来年もたくさんの花が咲くといいですね。

エゴノキの花が満開です。たくさん昆虫もやってきます。

絶滅危惧種ノニガナの保全区を観察。


今年は草原にノニガナの花がたくさん咲いています。
花はたんぽぽを小さくしたようなキク科の花です。

草原にノウサギのふんがありました。

ノイバラの花もきれいに咲いています。